TOEIC ブログランキングへ
So-net無料ブログ作成
検索選択
記憶力 ブログトップ

TOEICの英単語をたくさん覚えるメソッド [記憶力]

TOEIC英語勉強していく上で
もっとも基礎となるのが単語力。

この単語たちがを解できないことには、
武器を持たずに戦争に行くようなもの。

ですからもし受験や、TOEICの英語を勉強している人は
少しでも多くの英単語を効率よく覚えていくことが重要です。

そんな英単語をたくさん、しかも簡単に覚える方法
としてはまず派生語の把握があります。

英語は同一の語源から派生した単語が数多くあります。

形容詞形や副詞形を把握しておくことも不可欠です。

これだけで相当の数の英単語を
簡単によく、しかも効率よく身につけることができるでしょう。

電車などで単語カードなどを使用して
集中的に覚えようとする人を」見かけますが、
やりすぎには注意が必要です。

一気にしかも短時間でたくさんの英単語を
頭に叩き込んでも忘れてしまいます。

脳にしっかり染み込ませるには、
覚えようとするものを勉強したら、
一時間後にもう一度復習すると効果があります。


具体的に言いますと、

まず必要最低限の単語を身につけ、 その後は英文の読解を行いつつ 文脈の中で覚えた単語を再確認していく。

事が、記憶を強化することができます。

そうしてまた、新たに英単語を暗記し、
読解で再確認していく。

この繰り返しで英単語のボキャブラリーと
読解力を同時に身につけていくことができるでしょう。
コツとしては、
「関連性を持たせて、ついでに覚える」
といったことです。

英単語は広く浅く、少しずつ深めていくことがカギとなります。

特に単語がなかなか覚えられない人は、
このレポートを読むと、面白い気づきがありますよ?









このレポートをみて、ラインバルに差をつけろ!

記憶力を7分であげるテクニックでTOEIC克服 [記憶力]

暗記力はすぐにアップするものではない、
と思っている人も多いのではないでしょう。

そんな人にとっては7分間で暗記力をアップしてTOEICを攻略できるといっても
絶対に信じられないのではないでしょうか。


しかし、私たちの脳を最大限に活用することで
短時間での暗記力アップも決して不可能ではないのです。

記憶力で重要になるのは情報処理能力を司る右脳の活用です。

インプットされた情報をどれだけ効率よく処理し、
記憶(暗記)として脳に刻みこむことができるか。


また勉強をして暗記する際、どうしても左脳だけに頼ってしまいがちなことから
これからは右脳を活用することがポイントになるのです。


そんな7分で記憶力を上げる方法が速読術

速く読むことができるという人は、
情報処理を速く行うことができることですし、
右脳も活発に働いている状況になるのです。

たとえるなら、最新のCPUを使っているコンピューターと同じことです。

速読の能力を高めることで
右脳を10倍以上活発に働かせることもできるのです。

なかなか記憶が頭に残らない、と思っている人は
速読術で記憶力アップを目指してみてはいかがでしょうか。



さすがに7分で爆発的に記憶能力を上げることは難しいですが、
70分あれば、今の自分とは違う力に気がついていますよ?





川村明宏のジニアス速読術



とりあえずここにあることは、基本だと思っておいてください。




記憶力 ブログトップ
TOEIC攻略のポイント!

TOEIC ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。